虫歯の正体って?虫歯の原因と進行するメカニズムを徹底解説

虫歯は口の中で細菌が増殖し、主に糖分を原料に酸を生み出すことで進行します。歯が丈夫であれば細菌の生み出す酸にも耐えられるため、虫歯ができにくくなります。細菌の数や食事の習慣、歯の質によって虫歯が発生しやすくなるのです。

虫歯は細菌の生み出す酸で歯に穴があいた状態

虫歯は複数の要素が重なりあって発生します。どれか一つの原因では虫歯は進行しないため、歯磨きなどで虫歯予防が可能です。ただし、条件が重なってしまうと一気に進行してしまうこともあるため注意が必要です。

虫歯は口の中にいる細菌が酸を発生し、歯を溶かすことで進行していきます。細菌自体は普段は無害なものが多く、誰の口にでも住んでいます。虫歯の主な原因になるミュータンス菌もいつも口の中で悪さをしているわけではないのです。

しかし、ミュータンス菌が糖を取り込むと、増殖を始めると同時に酸を発生させます。菌が生み出す酸が歯を溶かすと虫歯が進行しますが、まず、歯を保護するエナメル質の層が酸の侵入を食い止めます。初期状態でミュータンス菌を除去すれば、虫歯は自然治癒します。

ポイントになるのが歯の丈夫さです。歯が丈夫であれば簡単には虫歯にならず、虫歯の進行を遅らせることができます。しかし、歯垢がたまり、雑菌が増殖しやすい状態になると虫歯になりやすくなってしまうのです。

歯の再生が追いつかないほど酸のダメージを受けると、表面が変質します。自然に治ることが望めなくなった状態が虫歯です。進行することで歯の奥にある神経を刺激するなど、痛みの原因になります。

歯磨きで虫歯を防げる理由とは

歯磨きで虫歯が防げるのは、ミュータンス菌や口の中に残った糖分を除去できるからです。ミュータンス菌を完全に除去することはできないものの、増殖を抑えることはできます。口の中を清潔に保つことが虫歯の予防に役立ちます。

ポイントになるのが再石灰化です。歯はカルシウムなどのミネラルを集めて自分を再生する能力があります。これが再石灰化で、少しの酸の侵食であれば自然に治すことが可能です。

しかし、再石灰化が行われないほど構内環境が悪化すると虫歯が発生しやすくなります。極端なカルシウム不足など、栄養失調が影響を与えることもあります。丈夫な歯を保つためには健康的な食習慣が大切です。

甘いものを食べる習慣は、菌が増殖しやすい環境を作ることにつながります。ただし、歯磨きをすれば口の中の糖分を除去し、細菌の繁殖をおさえられます。早めに歯を磨く習慣は、歯を守るために大切なのです。

歯垢や歯石を防ぐのが基本になる

虫歯を防ぐためには、歯垢や歯石を防ぎ、早めに除去することが大切です。歯垢は菌が歯を酸で分解する過程でできるもので、細菌が繁殖しやすい状態を作ります。さらに状況が悪化すると歯石となって歯磨きではとれなくなってしまいます。

歯垢を放置すれば、それだけ歯が侵食されやすくなり大きなトラブルの元となります。まずは歯垢ができないように歯を磨き、歯垢ができる場合は歯磨きの方法や、歯ブラシの質を見直す必要があります。

歯石は歯垢が石灰化したものです。歯ブラシではとることができないことが特徴で、舌で触れるとざらついた感触があります。歯石は表面がざらついていて、食べ物のカスなどが残りやすく、細菌が繁殖しやすい環境を作ります。

歯石ができてしまった場合は歯医者でとってもらうのが基本です。自分で見えないところや、普段磨き残しているところにできることが多く、虫歯が進みやすくなってしまいます。早めに除去し、歯の再石灰化をうながすのが大切になります。

虫歯はある程度進行すると自力で治すことができなくなるのもポイントです。定期的に歯医者で見てもらうなど、予防を心がけるのがおすすめです。

e-ヘルスネット「フッ化物配合歯磨剤」(外部サイト)

なかよし小児歯科「フッ素で虫歯予防」(外部サイト)

話題の子ども用歯磨き粉!虫歯予防デンタルケア「ブリアン」とは

歯磨きを嫌がる子どもは多く、習慣として覚えさせるのは苦労しがちです。気がつくと虫歯になっていたというケースも珍しくないため、治療の手間も考えると憂鬱になるケースもあります。そんな時は話題の子ども用歯磨き粉「ブリアン」の使用を考えるのがおすすめです。

善玉菌で虫歯を予防する新感覚の歯磨き粉

ブリアンは善玉菌の力を使い、虫歯を予防する新感覚の歯磨き粉です。虫歯になり辛い子どもたちの研究から発見された菌を使い、健康的に虫歯を予防できるのが特徴です。簡単なブラッシングで虫歯予防ができるため話題になっています。

ブリアンと一般的歯磨き粉との違いは「界面活性剤」を使用していないことです。口の中であわ立つことがなく、独特のにおいや味がしないため子どもでも使いやすくなっています。子どもたちが好きないちご味にすることで抵抗感をなくしているのもポイントです。

子どもは歯磨き粉独特の味や臭いを嫌がることが多く、時間をかけなければ磨き残しもできやすくなります。念入りに磨いたつもりでも、意外に見落としがあるケースは珍しくなく、虫歯の原因になってしまうこともあります。まずは抵抗感を減らすことは、子供にきちんと歯磨きをさせる上で重要なことです。

簡単なブラッシングで虫歯予防を目指せる

ブリアンの特徴は簡単なブラッシングで虫歯予防を目指せることです。ブリアンに使われている善玉菌「BLIS M18」は、虫歯菌のえさとなる歯垢を除去してくれます。粒子が細かく、歯の奥や隙間まで届きやすいのもポイントになっています。

子どもは長時間の歯磨きを嫌がることが多く、磨き残しが生まれがちです。しかし、ブリアンを使えば、歯に届けるだけで歯垢が増えるのを抑えることができます。もちろん、歯磨きの習慣を身につけることは大切なため、簡単なブラッシングから覚えさせるのがおすすめです。

ブリアンを利用した歯磨きは、歯ブラシにつけて歯の全体を磨くように2分から3分程度済ませることができます。力強くこする必要はなく、なれれば子どもに任せても大丈夫なため非常に楽なのがポイントです。また、界面活性剤などを使っていないため、水ですすがなくても大丈夫なのも魅力です。唾液を吐き出すだけでいいため、すすぎができない子どもにもオススメです。

粉末の使いきりタイプだから衛生的

ブリアンは歯が生えたばかりの子どもの使用も考えて、粉末タイプで作られています。泡立てる必要がなく、歯ブラシの先につけて使えばいいのが特徴です。一回分が個包装になっているため衛生的です。

乳幼児に使う場合は清潔なガーゼを指に巻き、ブリアンをつけて磨くのがおすすめです。ガーゼを軽くぬらしてブリアンをつければすぐに馴染みます。歯ブラシを使ってしまうと力が入りすぎて口の中を傷つける可能性があるため、優しく磨いてあげましょう。

チューブタイプの歯磨き粉は、歯ブラシから雑菌が移ってしまうケースがあります。特に子どもは衛生に関して無頓着なケースが多く、扱いを任せるのにも不安になりがちです。ブリアンであれば一回分を使いきれば管理に気を使わなくても良いです。

もちろん大人が使うことも可能で、見本を見せることで子どもの歯磨きへの恐怖感を薄めることができます。一緒に歯を磨くことでコミュニケーションもとるのも方法です。楽しそうに歯磨きをすれば、興味を引くこともできます。ブリアンには大人用と子供用が売っているため、親子でブリアンを使うのもオススメです。

歯磨きを習慣として覚えさえるために利用する人も多く、苦手な歯磨きが克服できたというケースもあります。歯を磨かない習慣ができれば大人になってから困るからです。永久歯が生えてからブリアンで歯磨きを覚えさせる人も多く、だからこそ話題になっているのです。


BLIS M18 Dental Health」(外部サイト)

小児歯科学雑誌「乳幼児期の菓子や飲物類摂取および歯磨き実施と乳歯齲蝕との関係」(外部サイト)

虫歯予防にオススメ!歯磨き粉の正しい選び方

歯磨き粉は様々なメーカーから販売されていますが、それぞれに特徴があります。虫歯予防を目指すのであれば、成分などに注目するのがポイントです。特にフッ素の含有率などは歯の健康に大きな影響与えます。

フッ素含濃度の高い歯磨き粉を選ぶのが基本

虫歯予防を目指すのであれば「フッ素濃度が高いものを」選ぶのが基本になります。フッ素は学術的な研究で虫歯予防効果が確認されていて、歯を保護し再石灰化を促すといわれています。フッ素濃度が高ければ、それだけ効果に期待ができるのです。

フッ素濃度には上限が決められていて、日本では1000ppm以下とされています。これはあまりに濃度が高すぎると健康に害を及ぼす可能性があるためです。なるべくフッ素濃度が1000ppmにちかいものを選ぶのがおすすめです。 

次にチェックしたいのが「ラウリル硫酸ナトリウム」という成分です。いわゆる発泡剤で、歯磨きの満足感をあげるために入っています。しかし、口が泡まみれになるとどこが磨けたか確認しづらく、磨き残しがわかりにくいというデメリットがあります。

発泡剤を利用するメリットはほとんどなく、泡立たなくても歯磨きは可能です。なんとなく歯が磨けた気になってしまって、歯を磨ききれていないケースも多いのです。フッ素を含んでいることと発泡剤を含んでいないことが歯磨き粉選びの基本です。

研磨剤が入っている歯磨き粉には注意

歯磨き粉の中には、研磨剤が入っているものがあります。研磨剤は歯に沈着した色素を落とすために必要で、白い歯を目指すなら欠かせない成分です。ところが、研磨剤が多すぎると健康な歯を傷つけ、虫歯ができやすくなるのです。

磨きすぎにも注意が必要で、歯の表面が傷つくことで余計に色素が沈着しやすくなることもあります。虫歯予防を重視するのであれば、研磨剤が少ない歯磨き粉を選んだ方が良いです。

研磨剤の主な成分としては、炭酸カルシウム、無水ケイ酸(シリカ)などがあげられます。清掃剤などと表記しているメーカーも存在しますが、中身は同じものです。歯の色素沈着が気になる場合は、歯科医師に頼んでしまうのも方法です。

殺菌成分はあまり意味がないことも

歯磨きの粉の中には殺菌成分を含んでいて、口臭の抑制などに効くとされるものもあります。ただし、虫歯と口臭は分けて考える必要があり、虫歯予防で考えるとば殺菌成分があまり関係ない場合があります。ポイントになるのが、歯垢(プラーク)の構造です。歯垢にはバイオフィルムという歯垢を守る防御膜が存在します。殺菌剤を使ってもバイオフィルムを分解できず、歯垢の中に含まれた虫歯菌を殺せない場合があるのです。

歯ブラシで磨けば歯垢を除去できますが、歯垢を除去した後に殺菌をしてもあまり効果がなくなります。なぜなら、落とした歯垢は口をすすげば外に排出されるからです。殺菌成分は虫歯予防ではなく、歯周病予防などに利用するのが基本です。

良い歯磨き粉を選んだ際の注意点

フッ素入りの歯磨き粉を選び、念入りに歯を磨くのが虫歯予防の基本です。ただし、注意点もあります。歯磨き後のすすぎが念入り過ぎると、せっかくのフッ素が流されてしまう場合があるのです。

日本人の多くは歯磨きの際に口をすすぎすぎるといわれています。独特のにおいを残さないために念入りにすすぐ人も多いからです。実際には軽くすすぐだけで落とした歯垢などは外に排出できるため、それほど気を使う必要がないのです。

うがいと分けて考えることも大切で、風邪などの予防で行ううがいと、歯磨き後のすすぎはまったく別になっています。何度も水を口に入れてすすぐ必要はなく、コップ半分程度の水をめやすに一回すすぐだけでも十分な効果が得られるといわれています。発泡剤を使っていない歯磨き粉はすぐ落とせるケースが多く、それより水が少なくても問題がない場合もあります。

なかよし小児歯科「フッ素で虫歯予防」(外部サイト)

虫歯予防 世界を変えた論文を中心に」(外部サイト)

虫歯になったら!子どもが虫歯になった後の対応まとめ

子どもの乳歯は虫歯になりやすく、気づかないうちに進行していることがあります。しっかり磨いているつもりでも見落としが発生しやすいです。もしも虫歯になってしまった場合の対応方法をあらかじめ知っておきましょう。

子どもは虫歯になりやすいことに注意

子どもは虫歯になりやすく、毎日歯磨きをしていても虫歯になることがあります。子どもの乳歯は歯を守るエナメル質の層が薄く、虫歯菌による侵食がおきやすいのです。そのため、短期間で虫歯になってしまうことがあります。

また、乳歯におきる虫歯は黒く変色したりしないのが特徴です。虫歯になっても乳白色のままゆっくり歯が溶けるように進行していきます。見落としが発生しやすいことも虫歯ができやすい原因になります。

虫歯になった場合は可能な限り早く歯科医院にいくのが基本です。中には自覚症状をうまく伝えられない子どももいるため、子どもの気持ちを察することも大切になります。特に虫歯の経験がない子どもはどこが痛いのかしっかり確かめてあげる必要があります。

歯科医院にすぐいけない場合は、まず口の中を清潔にすることが大切です。虫歯菌が繁殖しやすい状況が続けば、それだけ痛みが激しくなることがあります。また、虫歯にお菓子が付着していると痛みを感じやすいため、チェックすることが大切です。

また、子どもの歯は物が挟まりやすく、歯に詰まった食べ物などを取り除いただけで痛みが落ち着く場合もあります。異常が見られなくても、気になるなら一度医師に見てもらうのも方法です。

すぐに病院にいけない場合はどうするか

すぐに病院にいけない場合は、家庭で応急処置をする必要があります。ただし、あくまで応急処置のため、早めに病院にいくことが前提です。痛みがひどい場合は薬を使う方法があります。小児用の痛み止めで様子を見ましょう。大人用の薬は成分が強すぎるため、代用しないように注意が必要です。

特にアスピリンを含んだ解熱剤や鎮痛剤は注意が必要です。子どもに与えると、重篤な副作用が起こす可能性があるため、絶対に飲ませないでください。子どもにも使える薬はあるため、まずそちらを優先するのが基本です。

虫歯に直接塗れる痛み止めも存在します。ドラッグストアで購入できるのが特徴で、深夜であっても手に入れられる場合があります。即効性が高いため、病院があくまでの応急処置としても使いやすくなっています。

薬が手に入らない場合は、氷水などで患部を冷やして痛みを和らげます。貼る冷却シートがあるととても便利です。熱を出したときのために常備している家庭も多いため、頬に張ってあげるだけでも落ち着く場合があります。

歯をむやみにいじったり、お風呂に入ったりすれば症状が悪化する可能性があることに注意が必要です。食事を与える際も熱いものや冷たすぎるもの、辛いものなどの刺激物を避けるように注意するのがポイントです。

普段の習慣を見直すことも重要に

歯科医院で治療を受けたら、医師のアドバイスを受けながら普段の習慣を見直す必要があります。歯の磨き残しやおやつの食べすぎなど、虫歯にかかる習慣は多くあります。普段の生活を見直して再発を防ぐことも重要です。

基本は医師のアドバイスを受け入れることです。歯を上手に磨くヒントや予防のアドバイスを聞けることが多いため、積極的に会話をするのも方法です。また、歯磨きの方法をチェックしてもらうのもおすすめになります。

歯ブラシや歯磨き粉を見直す方法もあります。子どもの意見を聞きながら、楽しく歯磨きをできる方法を考えることも大切です。また、歯磨き粉は歯の再石灰化を促すフッ素を含んだもの選ぶなど、丈夫な歯を作るための工夫するのも方法です。

日本健康科学学会「子供の生活習慣と虫歯の関連」(外部サイト)

小児歯科学雑誌「乳幼児期の菓子や飲物類摂取および歯磨き実施と乳歯齲蝕との関係」(外部サイト)

虫歯と歯周病の違いと原因と対策

虫歯と歯周病の明確なちがいを説明できる人は少なく、漠然としたイメージに偏りがちです。特に歯周病は事前に知識がないとわからないことが多く、健康的な歯を守りたいのであればしっかりと知っておいた方が良いのです。

原因菌も問題がでる場所も違うのがポイント

虫歯と歯周病は「原因になる菌と問題が発症する場所が違う」のが特徴です。どちらも口の中で起きますが、虫歯は「歯」、歯周病は「歯茎」で症状が出ます。原因菌も違うため、全く別の名前がつけられています。

虫歯の原因は「ミュータンス菌」を主とする細菌です。ミュータンス菌は糖分を餌に増殖し、歯垢(プラーク)や歯石を作るのが特徴です。また、糖分を取り込むと酸を作り出し、歯を溶かします。歯が溶けた状態を虫歯といいます。

歯周病は「プロフィロモナスジンジバリス菌」など複数の菌が原因で起きます。歯ではなく、歯の周辺の組織を溶かして侵食していくのが特徴です。進行すると歯を支える歯茎などがなくなってしまい、歯が抜けてしまうのです。

虫歯菌は歯茎などの周辺組織を壊すことはなく、歯周病が歯を侵食することもありません。ただし、歯周病が進むことで歯が露出する面積が増え、虫歯が発生しやすくなることがあります。口の中の健康を守るためにはどちらも防ぐ必要があるのです。

虫歯と歯周病対策は若干異なる部分がある

虫歯も歯周病も口の中を清潔に保つことで防げます。間食が多い場合はそれだけ菌が繁殖しやすくなり、菌の餌となる材料が増えてしまいます。歯ブラシを使って歯を磨くのは虫歯予防にも歯周病予防にも役立ちます。

対策が異なる部分は、使う道具です。虫歯は歯ブラシを中心に、デンタルフロスなどを使って予防します。デンタルフロスは歯磨き用の糸のことで、歯と歯の間に詰まった歯垢を落とすことができます。

歯周病の場合は歯ブラシを使った歯磨きに加えて、歯間ブラシを使って予防します。歯周病菌は歯と歯の間の空気が届かないところで繁殖することが多く、デンタルフロスでは落としきれないことがあるためです。

毛先が細い歯ブラシで歯の間を磨く方法もありますが、磨けているのか自分でわからないこともあります。そのため、歯科医院でチェックしてもらった方が良いケースも多く、歯周病を防ぐ大切なポイントになっています。虫歯を防ぐためにも定期的な検診が欠かせないため、気になることがあれば歯科医で相談するのも大切です。

治療法にも違いがある

虫歯と歯周病は全く別のもので、治療法にもちがいがあります。虫歯が進行した場合は、菌が侵食した部分を削り、詰め物などをして補います。これは歯が食事をする際に重要な役割を果たしているからです。

歯周病の場合は、症状が進んでも患部を削るなどの処置ができないのがポイントです。日ごろの歯磨きなどで地道に対処するしかなく、歯医者でも進行を遅くする治療が中心になります。歯茎自体を再生することはできないため、症状の悪化を防ぐために歯を抜かなければならない場合もあります。歯医者であれば専門的な歯の掃除ができますが、あくまで菌を減らすだけで根治させることはできないのです。

ただし、歯科医院では歯周病の前兆を調べることもできます。特に歯周ポケットといわれる歯と歯茎の隙間は歯周病の病原菌が潜みやすいポイントです。歯周ポケットの深さなどを測ることで、歯周病の進み具合を調べることができます。

一度歯周病になっても、歯磨きなどの丁寧なケアで進行を食い止め、健康な歯茎を守る人もいます。かかったから終わりではなく、日々の対策を積み重ねることが大切なのです。虫歯の予防も同じことがいえます。念入りに歯磨きを行い、定期的に歯科医院で検診を受けることが予防と対策の基本になっています。

歯周病病原菌」(外部サイト)

澱粉科学「虫歯とオリゴ糖」(外部サイト)

むし歯が痛い!虫歯の痛みを和らげる方法とは

歯が痛くなってから虫歯に気づくケースは多く、タイミングによっては歯科医院が開くまで我慢しなければならないこともあります。万が一、虫歯が痛み出してしまった場合に備えて、歯の痛みを和らげる方法を知っておきましょう。

薬を使うのが一番の早道

虫歯の痛みを和らげるには、薬を使うのが早道です。市販薬の中にも虫歯の痛みを和らげるものが存在し、ドラッグストアやスーパーで購入できます。痛みがひどいと眠れなくなるなど悪影響が大きいため、そういう時には早めに薬を使うのがおすすめです。

代表的な痛み止めの一つがロキソニンです。ロキソニンは歯科医でだされる歯の痛み止めに近い成分でできていて、痛みを緩和することができます。頭痛薬としても知られているため、常備している家庭も多くなっています。即効性にこだわる場合は、塗るタイプの薬がおすすめです。虫歯に直接塗ることで、高い鎮静効果を発揮します。数分で効き目が現れるのが特徴で、飲み薬と比べて眠気などの副作用がでにくいのもポイントになっています。

正露丸がむし歯痛に効く

胃薬を使って歯痛を和らげる方法もあります。特に有名なのが正露丸です。正露丸の主成分であるクレオトールは歯の治療に使われることがあり、鎮静効果があることで知られています。むし歯痛に正露丸が効くことは正露丸の効果効能にもしっかりと明記されています。

注意したいのは、どの薬を利用しても虫歯を治すことはできない点です。痛みが止まっても一時的なものであることを理解する必要があります。

薬がない時の応急処置方法は

薬がない時であっても、痛みを和らげる応急処置は可能です。代表的なのは幹部を冷やすことで、氷水などを当てることで痛み和らげることができます。これは虫歯に通る血液の量を制限することで、神経の刺激を減らせるためです。

おでこに貼って熱を冷ますシートなどを応用する方法もあります。痛む部分の上から張るだけで症状がやわらぐことがあるのです。ただし、効果には個人差がある点には注意が必要です。口の中を清潔にすることも重要です。口の中に食べかすなどが残っていると、虫歯菌が活発に活動するようになります。歯磨きをして清潔にすることや、しっかりと口をすすぐことは痛みを和らげる基本になります。

ツボを押して痛みを和らげる方法もあります。代表的なのが『合谷(ごうこく)』で、人差し指と親指の骨が合流する所からやや人差し指よりにあります。触ると少しくぼんでいるため、逆の手で押してあげると効果的です。3秒押して、3秒離すといった痛み止めのテクニックもありますが、あまり刺激しすぎても逆効果になる場合があります。これらはあくまで応急処置のため、なるべく早く歯科医院に行くようにしましょう。

虫歯痛でやってはいけないNG行動とは

痛みを和らげる方法があるように、歯の痛みを激しくするものもあります。虫歯の時は特に避けた方がよいことがあるため、習慣化している場合は注意が必要です。

虫歯が痛む時に熱いお風呂にはいるのは厳禁です。血行がよくなれば、虫歯周辺の血液の流れも活発になります。それだけ痛みが激しくなりやすく、症状が悪化する原因となることがあります。アルコールも血流を良くするため避けるのが基本です。殺菌のつもりでも痛みが残り、ダメージが蓄積する原因となります。タバコも虫歯を刺激する成分が入っているため避ける必要があります。

他にも、運動や辛い食べ物など、代謝や体温を高めるものはNGです。痛みが激しい場合は患部を冷やすことと安静にすることが重要だからです。入浴はシャワーで済ますなど工夫が必要になります。

痛む歯をいじってしまうのも危険です。手から雑菌が移ってしまい、状況が悪化する可能性もあります。歯茎をゆすっても痛みが和らぐわけではなく、悪化のリスクが高くなるだけです。病院が開くまで我慢し、早めに治療を受けることが大切です。

e-ヘルスネット「むし歯の特徴・原因・進行」(外部サイト)

栄養学雑誌「永久歯の虫歯発生率と砂糖摂取量に関する疫学的調査」(外部サイト)

子どもの虫歯予防のために知っておきたい5つのポイント

子どもは歯の生え代わりがありますが、生えたばかりの歯は虫歯になりやすいと言われています。虫歯予防には正しい知識が必要になりますが、基本な虫歯予防も含めて5つのポイントをまとめてご紹介します。

歯磨きの習慣をつけるのが基本

虫歯予防の基本は歯磨きの習慣をつけることです。特に重要なのが、子供に「歯磨きが楽しいもの」と覚えさせることです。歯磨きが苦手な子どもは多く、習慣として身につけさせないとサボってしまうことも多くなります。

おすすめなのがお手本をみせて一緒に歯磨きをするなど、工夫をすることです。大人が楽しそうにしていれば、子どもは自然に歯を磨いてみたくなります。歯磨き粉は子ども用のものがありますが、一度同じものを使ってみせると子どもも理解しやすくなります。

また歯磨きができたらきちんと褒めてあげることも大切です。子どもは親に褒められることでやる気を出します。できなかったことを注意するよりも、積極的に良いところを見つけて褒めた方が子どもは自主的に歯磨きをするようになることもあります。

間食を減らすことも重要

子どもはおやつをたくさん食べる傾向があります。注意したいのはおやつに含まれる糖分は虫歯を作りやすくすることです。また、食べ物を食べると口の中が酸性に偏りやすくなり、普段より虫歯ができやすくなってしまいます。

甘いものを食べ過ぎないようにするのは虫歯予防の基本です。間食の回数が多ければ多いほど虫歯ができやすくなるため、特に注意が必要です。人付きあいが増えるようになればお菓子を貰うことが増えることもあり、ある程度我慢を覚えさせる必要もあります。口の中にいる細菌が歯を溶かし始めるのは、食後30分程度からとも言われています。間食をしたらすぐに歯を磨かせるのも方法です。

食べ物をよく噛んで虫歯予防

食べ物を食べる際に、よく噛む癖をつけると虫歯ができにくくなります。ものを食べると口の中が酸性になりやすく、歯が溶けやすくなります。しかし、しっかり噛む癖をつけると唾液が分泌され、酸性に偏りにくくなるためです。

噛むことは丈夫なあごを作り、歯並びを良くするためにも重要です。普段から柔らかいものしか食べないとあごが発達しないため、歯並びが悪くなりやすいのです。歯並びが悪いと歯磨きの際に磨き残しもできやすくなるため、しっかり噛むことは大切です

虫歯予防にはフッ素入り歯磨き粉

虫歯を予防するためには、歯を強くすることも大切です。フッ素を含んだ歯磨き粉など、歯を強くする歯磨き粉は様々な種類が販売されています。フッ素は歯の再石灰化を促し、虫歯をできにくくしてくれます。

歯の再石灰化は虫歯になりかけた歯を治す現象です。細菌の酸で侵食された歯を治してくれます。あまり虫歯が進んでしまうと治しきれなくなってしまうため、こまめに歯磨きをして虫歯が進まないようにするのが基本です。

歯科医院で定期的に検診を受ける

子どもの歯は生え代わりがあるため、大人よりも形が複雑になります。歯の磨き残しなども発生しやすく、虫歯になりやすい原因の一つになります。体質や習慣で虫歯になりやすい子どももいるため、定期的に歯科医院で検診を受けるのもオススメです。

大切なのは苦手意識をなくすことです。虫歯ができてから歯医者に行くようになると、歯医者に行くと痛いという意識が刷り込まれてしまいます。まずは歯医者に親しみを持ってもらった方が、歯医者を嫌がる子どもになりにくいのです。

歯並びのチェックや、歯磨きの癖を診てもらえるのもポイントです。歯の磨き残しがあれば磨き方を見直し、歯ブラシや歯磨き粉をかえた方が良い場合もあります。歯垢や史跡を取ってもらえるのも虫歯予防に役立ちます。普段目に付かないところも多いため、専門家にチェックしてもらうことが大切です。

虫歯予防 世界を変えた論文を中心に」(外部サイト)

e-ヘルスネット「歯みがきによるむし歯予防効果(予防法)」(外部サイト)

今日から実践できる!虫歯の予防方法を伝授します

子どもも大人も、虫歯にはなりたくないものです。しかし、普段歯磨きをしていてもいつの間にかできることがあるのが虫歯の面倒なところです。今回は虫歯に悩む人のための予防法を伝授します。

食後すぐの歯磨きが効果的

虫歯の予防方法の基本は歯磨きです。実は虫歯の進行は非常に早く、食後30分にはもう始まってしまうといわれています。食事のあとにすぐ歯磨きをするだけでも違いが出てきます。間食の習慣がある場合はなるべく減らすのもポイントです。虫歯の原因になる細菌は糖分を栄養に増殖し、酸を発生させます。常に何かものを食べているような状態であれば、それだけ虫歯が進みやすくなるため注意が必要です。

歯磨きをする際はフッ素を含んだ歯磨き粉を積極的に使うのがおすすめです。フッ素は酸で傷ついた歯を補修し、再石灰化を促してくれます。虫歯の進行を食い止めるために、自然の治癒力を引き出すことも大切です。歯ブラシなど、歯磨きのアイテムを見直すのも大切です。歯ブラシには寿命があるため、毛先が曲がってきたら買い換えます。また、歯の隙間を磨くデンタルフロスを行うことも大切です。

デンタルフロスは糸を使って歯の間を磨く方法で、歯の汚れの2割程度は歯の隙間にあります。歯のかぶせ物の不具合などもわかりやすくなるため、習慣として取り入れるのがおすすめです。

歯を磨く時間がない場合はガムなどを利用

仕事をしている際など、食後すぐに歯を磨くことが難しい場合は良くあります。この場合も口を念入りにすすぎ、食べもののカスを外に出すだけでも違いが出ます。可能であればお湯などで脂分なども流せれば更にプラスです。口の中は一定の酸度、アルカリ度に保たれていますが、食事をすると酸度が高くなります。酸度が高くなると歯が溶けやすくなり、虫歯が進行しやすくなります。口の中に食べものが入る時間が長いほど、虫歯が進行しやすくなるのです。

口をすすいで取れない汚れは、キシリトールのガムなどで除去する方法があります。歯の隙間などの汚れは取れないものの、歯の表面の汚れをとることができるのが魅力です。しっかり噛むことも大切で、ある程度時間をかけるのがおすすめです。噛むことで唾液の分泌が促されるため、口の中の酸度の中和にも役立ちます。

歯科医院での定期チェックも必要

念入りな歯磨きやデンタルフロスを行っても、汚れを落とせるのは8割程度といわれています。これは歯のかぶせもの隙間や、歯肉の周りに歯垢などが残ることがあるためです。歯周病を防ぐ歯間ブラシを使っても100%落とすのは難しいのです。

デンタルリンスなどを利用して、なるべく細菌が増殖しない環境を作ることもできます。ただし、それでも実際効果があるかは人によって差があります。最終的には歯科医師に見てもらわないとわからないことがあるのがポイントです。

定期的に歯科医師で検診を受けるのは非常に重要です。歯の汚れをとってもらえるだけでなく、歯の磨き方のコツなども教えてもらえます。歯磨きは自己流に偏ってしまいがちなので、正しい方法を教えてもらうのがおすすめです。

また、子どもの頃に虫歯につめた詰めものなどが原因で虫歯が発生する場合もあります。年月でゆるみが生じ、雑菌が入り込みやすくなる場合もあります。かぶせものや詰めものをしても、ずっと安心なわけではないのです。入り組んだ歯に使える専用はブラシなどが買える場合もあります。歯並びが悪い場合はどうしても磨くのにも苦労するため、問い合わせる方法もあります。市販品よりも高品質のものが買える場合もあるからです。定期健診以外にも歯の汚れの除去や、口臭防止のために気軽に歯医者に行くのもオススメです。

なかよし小児歯科「フッ素で虫歯予防」(外部サイト)

日本健康科学学会「子供の生活習慣と虫歯の関連」(外部サイト)

きちんと歯を磨くために!正しい歯ブラシの選び方

歯ブラシは自分や子どもに合わせたものを用意するのが基本です。虫歯を予防したいのか、歯周病を予防したいかでも最適な歯ブラシは変わります。歯の健康を保つために正しく歯ブラシを選ぶことは非常に重要になってきます。

サイズ、毛先、固さ、柄をチェック

歯ブラシは歯を磨くためにもっとも大切なアイテムの一つです。歯ブラシ選びを間違うと磨き残しができやすくなるなど、様々な影響を受けます。磨き心地も変ってくるため、正しい歯ブラシ選びを覚えることが大切です。

歯ブラシを選ぶ時には歯ブラシのサイズ、毛先の形状、固さ、柄をチェックしましょう。まずブラシのサイズです。ブラシ部分が大きければ広い範囲を一度に磨けますが、口の奥など細かい部分は磨きにくくなってしまいます。大きいブラシが好きであれば、歯の奥を磨くための小さなブラシが別に必要になる場合があります。これは磨き分けができなければ虫歯になる確率が高くなるからです。最初から小さめのブラシを選んで、念入りに歯を磨くのがオススメです。

ブラシの毛先の違いは、どんな症状に合わせて使うかで分かれます。毛先が平らなものは一般的な虫歯予防用の歯ブラシです。毛先が波を打っているものは歯周病予防を考えて作られたものになります。子どもの虫歯予防であれば虫歯予防のための歯ブラシを使いましょう。

毛先の固さはある程度好みで変わります。ただし、歯茎が弱っている場合は柔らか目を使って傷が付くのを防ぐなど、配慮も大切です。毛先が柔らかすぎると歯垢を落としにくくなるため、念入りにブラッシングをするなど工夫も必要になります。

柄の形状やサイズは持ちやすさを重視して選びます。デザイン性が高いと持ちづらくなる場合があることに注意が必要です。また子供に楽しく歯磨きさせるための工夫としてキャラクターデザインのされている歯ブラシを選ぶのもいいでしょう。

価格や毛質で変わるもの

歯ブラシの中には動物の毛を使ったものが存在します。価格も高く、どのような場合に使えばいいのか悩む場合もあります。覚えておきたいのは毛質による違いです。

一般的な歯ブラシは透明なナイロン素材でできています。値段が安く、水をためにくいなど歯ブラシに向いた特徴を持っていることから普及しています。歯に特に問題を抱えていないのであればナイロン素材で十分です。動物の毛を使った歯ブラシは磨き心地の良さが特徴です。毛先が広がりにくく、丈夫なのも魅力です。一方で、水を吸いやすいことや、乾かしにくく雑菌が繁殖しやすいことが難点です。

ナイロン製の歯ブラシの刺激が強すぎる場合は使いやすいものの、手入れに気を使う必要があります。毛の硬さは動物の種類やどの部分の毛を使うかで変ってくるため、自分好みのものを探しやすいのも魅力です。また、ナイロン製の歯ブラシでも、毛先が密なものはそれだけ乾きにくくなります。歯ブラシは磨き心地だけでなく、衛生管理の面で考えることも大切です。

毛先が広がってきたら歯ブラシの換え時

歯ブラシ選びと合わせて覚えておきたいのが「歯ブラシの換え時」です。歯ブラシは消耗品です。どれだけ良い歯ブラシを使っていても、歯ブラシ自体が悪くなってしまえば磨き残しが発生しやすくなります。歯ブラシを交換するタイミングは、毛先が広がったときです。毛先が広がってしまうと力を入れても適切な場所に毛先が届かず、磨き残しができてしまいます。透明なブラシが白くにごってきた場合も換え時になります。

年齢や歯茎の状態に応じて、歯ブラシを変えることも大切です。歯磨きの際に力を入れすぎてしまう場合は柔らかめの歯ブラシをおすすめします。固めの歯ブラシを使ってしまうと歯茎を傷つけてしまう可能性が高いからです。

また衛生面を考えた場合は1ヵ月程度で交換するのが望ましいといわれています。目に見えない菌が繁殖し、歯周病の原因となることもあります。そのため歯ブラシの毛先が広がらなくても、1ヶ月に1回は歯ブラシを交換する習慣にすると良いと言えます。

e-ヘルスネット「歯みがきによるむし歯予防効果(予防法)」(外部サイト)

三田村理恵子他「幼児の生活習慣,食生活状況と乳歯う蝕との関連」(外部サイト)

お母さん必見!子供の虫歯予防のための仕上げ磨きのコツ

子供が歯磨きの習慣をつけても、磨き残しがないかは気になるものです。安心できるまでは仕上げ磨きで歯磨きの方法を教えるのは大切で、虫歯予防にも重要なポイントになっています。

子供はどうしても歯の磨き残しが多い

子供に歯磨きの習慣を身につけさせるのは難しく、覚えてからも磨き残しは多いです。中にはキレイに磨ける子供もいますが、飽きっぽくてすぐ適当になってしまう場合や、磨けた気分で満足してしまう子供も多いです。

虫歯を防ぎ、正しい歯磨きを教えるためにも仕上げ磨きは重要です。ただし、嫌がる子供に無理強いしても仕上げ磨きを覚えてくれる可能性は低いです。そのため、なるべく楽しそうに、スキンシップの時間として仕上げ磨きを定着させるのがコツになります。

仕上げ磨きは、1日の終わりに行うのがオススメ。夜眠っている間は虫歯の原因菌が一番繁殖しやすくなりますし、1日に何度も仕上げ磨きをしようとすると負担が大きくなります。無理がない範囲で行う方が現実的だと言えます。

歯を磨き始める前に、リラックスできるよう子どもと会話することも大切です。仕上げ磨きを嫌がる子は、作業的な歯磨きを嫌がることが多いからです。まずは会話をしてリラックスさせる方が歯磨きに協力的になってくれることが増えます。

ある程度年齢があがってきたら、ご褒美と結びつける方法もあります。歯をチェックし、磨き残しがなかった場合や、嫌がらずに仕上げ磨きを受け入れた場合はご褒美をあげるようにすれば歯磨きにも積極的になります。キレイに歯が磨けたら翌日に好きなおかずを入れてあげるなど、子供のやる気を引き出すこともお母さんの大切な役割です。

子供の歯磨きの癖を把握するのが重要

虫歯を防ぐ仕上げ磨きのコツは、子供の癖を把握することです。子供の多くは歯の表面を磨いて、歯の裏側や奥歯を磨くのを忘れてしまいます。子供によっても癖があるため、どこに磨き残しが多いのか把握することが大切なのです。子供がしっかり磨けている部分を把握できれば、仕上げ磨きの時間を短縮できます。また、歯垢がたまりがちな場所がわかれば虫歯を予防できます。口の中を見て歯磨きの状況を把握することが重要です。

一方で、子供の歯は小さく、違いが良くわからない場合もあります。この場合は歯科医師に話を聞いて、どこに磨きなおしが集中しているか確認するのがおすすめです。定期健診の際に話を聞けば、日ごろの仕上げ磨きに問題がないかもチェックできます。子供は歯が生え変わるため、その時々で重点的に磨いた方が良い場所が変わります。子供の変化に合わせて磨き方を見直すことも大切なポイントです。

仕上げの歯磨き粉を工夫する方法もある

仕上げ磨きの歯磨き粉を工夫するのも良い方法です。フッ素などを含んだ歯を強くする歯磨き粉を使うなど歯磨き粉の選択肢はたくさんあります。子供の口に合う香りを選ぶことや年齢や好みに合わせて選択すれば、子どもが喜んで歯を磨いてくれるようになり虫歯予防もしやすくなります。

年齢が低い場合は、まず子供の好きなフレーバーの歯磨き粉を用意し、抵抗感をなくすようにします。歯磨き粉の洗浄力が低い場合は丁寧な歯磨きで補うことができます。柔らかめのブラシを用意するなど、子供の口を傷つけない配慮も大切です。

ある程度年齢があがった場合は、フッ素入りなど歯を強くする成分を含んだ歯磨き粉に変えていきます。フッ素は歯の再石灰化を促し、虫歯になる確率を減らしてくれます。大人でも使え、メリットが多いのが魅力です。

口をすすぐのが苦手な子供には、すすぎが不要の歯磨き粉を利用するのも方法です。一度口にしたものを吐くのが苦手な子もいるため、段階的に覚えさせると抵抗感がなくなります。子供によって一度の覚えられる情報の量は異なるため、少しずつステップを重ねるのも重要なポイントです。お母さんが子供ができないことをサポートすれば、虫歯予防の習慣が身につきやすくなります。

厚労省「歯の健康」(外部サイト)

第20回総会発表論文集「幼児の虫歯と母親の育児態度(発達2,研究発表)」(外部サイト)

Top