きちんと歯を磨くために!正しい歯ブラシの選び方

歯ブラシは自分や子どもに合わせたものを用意するのが基本です。虫歯を予防したいのか、歯周病を予防したいかでも最適な歯ブラシは変わります。歯の健康を保つために正しく歯ブラシを選ぶことは非常に重要になってきます。

サイズ、毛先、固さ、柄をチェック

歯ブラシは歯を磨くためにもっとも大切なアイテムの一つです。歯ブラシ選びを間違うと磨き残しができやすくなるなど、様々な影響を受けます。磨き心地も変ってくるため、正しい歯ブラシ選びを覚えることが大切です。

歯ブラシを選ぶ時には歯ブラシのサイズ、毛先の形状、固さ、柄をチェックしましょう。まずブラシのサイズです。ブラシ部分が大きければ広い範囲を一度に磨けますが、口の奥など細かい部分は磨きにくくなってしまいます。大きいブラシが好きであれば、歯の奥を磨くための小さなブラシが別に必要になる場合があります。これは磨き分けができなければ虫歯になる確率が高くなるからです。最初から小さめのブラシを選んで、念入りに歯を磨くのがオススメです。

ブラシの毛先の違いは、どんな症状に合わせて使うかで分かれます。毛先が平らなものは一般的な虫歯予防用の歯ブラシです。毛先が波を打っているものは歯周病予防を考えて作られたものになります。子どもの虫歯予防であれば虫歯予防のための歯ブラシを使いましょう。

毛先の固さはある程度好みで変わります。ただし、歯茎が弱っている場合は柔らか目を使って傷が付くのを防ぐなど、配慮も大切です。毛先が柔らかすぎると歯垢を落としにくくなるため、念入りにブラッシングをするなど工夫も必要になります。

柄の形状やサイズは持ちやすさを重視して選びます。デザイン性が高いと持ちづらくなる場合があることに注意が必要です。また子供に楽しく歯磨きさせるための工夫としてキャラクターデザインのされている歯ブラシを選ぶのもいいでしょう。

価格や毛質で変わるもの

歯ブラシの中には動物の毛を使ったものが存在します。価格も高く、どのような場合に使えばいいのか悩む場合もあります。覚えておきたいのは毛質による違いです。

一般的な歯ブラシは透明なナイロン素材でできています。値段が安く、水をためにくいなど歯ブラシに向いた特徴を持っていることから普及しています。歯に特に問題を抱えていないのであればナイロン素材で十分です。動物の毛を使った歯ブラシは磨き心地の良さが特徴です。毛先が広がりにくく、丈夫なのも魅力です。一方で、水を吸いやすいことや、乾かしにくく雑菌が繁殖しやすいことが難点です。

ナイロン製の歯ブラシの刺激が強すぎる場合は使いやすいものの、手入れに気を使う必要があります。毛の硬さは動物の種類やどの部分の毛を使うかで変ってくるため、自分好みのものを探しやすいのも魅力です。また、ナイロン製の歯ブラシでも、毛先が密なものはそれだけ乾きにくくなります。歯ブラシは磨き心地だけでなく、衛生管理の面で考えることも大切です。

毛先が広がってきたら歯ブラシの換え時

歯ブラシ選びと合わせて覚えておきたいのが「歯ブラシの換え時」です。歯ブラシは消耗品です。どれだけ良い歯ブラシを使っていても、歯ブラシ自体が悪くなってしまえば磨き残しが発生しやすくなります。歯ブラシを交換するタイミングは、毛先が広がったときです。毛先が広がってしまうと力を入れても適切な場所に毛先が届かず、磨き残しができてしまいます。透明なブラシが白くにごってきた場合も換え時になります。

年齢や歯茎の状態に応じて、歯ブラシを変えることも大切です。歯磨きの際に力を入れすぎてしまう場合は柔らかめの歯ブラシをおすすめします。固めの歯ブラシを使ってしまうと歯茎を傷つけてしまう可能性が高いからです。

また衛生面を考えた場合は1ヵ月程度で交換するのが望ましいといわれています。目に見えない菌が繁殖し、歯周病の原因となることもあります。そのため歯ブラシの毛先が広がらなくても、1ヶ月に1回は歯ブラシを交換する習慣にすると良いと言えます。

e-ヘルスネット「歯みがきによるむし歯予防効果(予防法)」(外部サイト)

三田村理恵子他「幼児の生活習慣,食生活状況と乳歯う蝕との関連」(外部サイト)

Top