虫歯と歯周病の違いと原因と対策

虫歯と歯周病の明確なちがいを説明できる人は少なく、漠然としたイメージに偏りがちです。特に歯周病は事前に知識がないとわからないことが多く、健康的な歯を守りたいのであればしっかりと知っておいた方が良いのです。

原因菌も問題がでる場所も違うのがポイント

虫歯と歯周病は「原因になる菌と問題が発症する場所が違う」のが特徴です。どちらも口の中で起きますが、虫歯は「歯」、歯周病は「歯茎」で症状が出ます。原因菌も違うため、全く別の名前がつけられています。

虫歯の原因は「ミュータンス菌」を主とする細菌です。ミュータンス菌は糖分を餌に増殖し、歯垢(プラーク)や歯石を作るのが特徴です。また、糖分を取り込むと酸を作り出し、歯を溶かします。歯が溶けた状態を虫歯といいます。

歯周病は「プロフィロモナスジンジバリス菌」など複数の菌が原因で起きます。歯ではなく、歯の周辺の組織を溶かして侵食していくのが特徴です。進行すると歯を支える歯茎などがなくなってしまい、歯が抜けてしまうのです。

虫歯菌は歯茎などの周辺組織を壊すことはなく、歯周病が歯を侵食することもありません。ただし、歯周病が進むことで歯が露出する面積が増え、虫歯が発生しやすくなることがあります。口の中の健康を守るためにはどちらも防ぐ必要があるのです。

虫歯と歯周病対策は若干異なる部分がある

虫歯も歯周病も口の中を清潔に保つことで防げます。間食が多い場合はそれだけ菌が繁殖しやすくなり、菌の餌となる材料が増えてしまいます。歯ブラシを使って歯を磨くのは虫歯予防にも歯周病予防にも役立ちます。

対策が異なる部分は、使う道具です。虫歯は歯ブラシを中心に、デンタルフロスなどを使って予防します。デンタルフロスは歯磨き用の糸のことで、歯と歯の間に詰まった歯垢を落とすことができます。

歯周病の場合は歯ブラシを使った歯磨きに加えて、歯間ブラシを使って予防します。歯周病菌は歯と歯の間の空気が届かないところで繁殖することが多く、デンタルフロスでは落としきれないことがあるためです。

毛先が細い歯ブラシで歯の間を磨く方法もありますが、磨けているのか自分でわからないこともあります。そのため、歯科医院でチェックしてもらった方が良いケースも多く、歯周病を防ぐ大切なポイントになっています。虫歯を防ぐためにも定期的な検診が欠かせないため、気になることがあれば歯科医で相談するのも大切です。

治療法にも違いがある

虫歯と歯周病は全く別のもので、治療法にもちがいがあります。虫歯が進行した場合は、菌が侵食した部分を削り、詰め物などをして補います。これは歯が食事をする際に重要な役割を果たしているからです。

歯周病の場合は、症状が進んでも患部を削るなどの処置ができないのがポイントです。日ごろの歯磨きなどで地道に対処するしかなく、歯医者でも進行を遅くする治療が中心になります。歯茎自体を再生することはできないため、症状の悪化を防ぐために歯を抜かなければならない場合もあります。歯医者であれば専門的な歯の掃除ができますが、あくまで菌を減らすだけで根治させることはできないのです。

ただし、歯科医院では歯周病の前兆を調べることもできます。特に歯周ポケットといわれる歯と歯茎の隙間は歯周病の病原菌が潜みやすいポイントです。歯周ポケットの深さなどを測ることで、歯周病の進み具合を調べることができます。

一度歯周病になっても、歯磨きなどの丁寧なケアで進行を食い止め、健康な歯茎を守る人もいます。かかったから終わりではなく、日々の対策を積み重ねることが大切なのです。虫歯の予防も同じことがいえます。念入りに歯磨きを行い、定期的に歯科医院で検診を受けることが予防と対策の基本になっています。

歯周病病原菌」(外部サイト)

澱粉科学「虫歯とオリゴ糖」(外部サイト)

Top