虫歯の正体って?虫歯の原因と進行するメカニズムを徹底解説

虫歯は口の中で細菌が増殖し、主に糖分を原料に酸を生み出すことで進行します。歯が丈夫であれば細菌の生み出す酸にも耐えられるため、虫歯ができにくくなります。細菌の数や食事の習慣、歯の質によって虫歯が発生しやすくなるのです。

虫歯は細菌の生み出す酸で歯に穴があいた状態

虫歯は複数の要素が重なりあって発生します。どれか一つの原因では虫歯は進行しないため、歯磨きなどで虫歯予防が可能です。ただし、条件が重なってしまうと一気に進行してしまうこともあるため注意が必要です。

虫歯は口の中にいる細菌が酸を発生し、歯を溶かすことで進行していきます。細菌自体は普段は無害なものが多く、誰の口にでも住んでいます。虫歯の主な原因になるミュータンス菌もいつも口の中で悪さをしているわけではないのです。

しかし、ミュータンス菌が糖を取り込むと、増殖を始めると同時に酸を発生させます。菌が生み出す酸が歯を溶かすと虫歯が進行しますが、まず、歯を保護するエナメル質の層が酸の侵入を食い止めます。初期状態でミュータンス菌を除去すれば、虫歯は自然治癒します。

ポイントになるのが歯の丈夫さです。歯が丈夫であれば簡単には虫歯にならず、虫歯の進行を遅らせることができます。しかし、歯垢がたまり、雑菌が増殖しやすい状態になると虫歯になりやすくなってしまうのです。

歯の再生が追いつかないほど酸のダメージを受けると、表面が変質します。自然に治ることが望めなくなった状態が虫歯です。進行することで歯の奥にある神経を刺激するなど、痛みの原因になります。

歯磨きで虫歯を防げる理由とは

歯磨きで虫歯が防げるのは、ミュータンス菌や口の中に残った糖分を除去できるからです。ミュータンス菌を完全に除去することはできないものの、増殖を抑えることはできます。口の中を清潔に保つことが虫歯の予防に役立ちます。

ポイントになるのが再石灰化です。歯はカルシウムなどのミネラルを集めて自分を再生する能力があります。これが再石灰化で、少しの酸の侵食であれば自然に治すことが可能です。

しかし、再石灰化が行われないほど構内環境が悪化すると虫歯が発生しやすくなります。極端なカルシウム不足など、栄養失調が影響を与えることもあります。丈夫な歯を保つためには健康的な食習慣が大切です。

甘いものを食べる習慣は、菌が増殖しやすい環境を作ることにつながります。ただし、歯磨きをすれば口の中の糖分を除去し、細菌の繁殖をおさえられます。早めに歯を磨く習慣は、歯を守るために大切なのです。

歯垢や歯石を防ぐのが基本になる

虫歯を防ぐためには、歯垢や歯石を防ぎ、早めに除去することが大切です。歯垢は菌が歯を酸で分解する過程でできるもので、細菌が繁殖しやすい状態を作ります。さらに状況が悪化すると歯石となって歯磨きではとれなくなってしまいます。

歯垢を放置すれば、それだけ歯が侵食されやすくなり大きなトラブルの元となります。まずは歯垢ができないように歯を磨き、歯垢ができる場合は歯磨きの方法や、歯ブラシの質を見直す必要があります。

歯石は歯垢が石灰化したものです。歯ブラシではとることができないことが特徴で、舌で触れるとざらついた感触があります。歯石は表面がざらついていて、食べ物のカスなどが残りやすく、細菌が繁殖しやすい環境を作ります。

歯石ができてしまった場合は歯医者でとってもらうのが基本です。自分で見えないところや、普段磨き残しているところにできることが多く、虫歯が進みやすくなってしまいます。早めに除去し、歯の再石灰化をうながすのが大切になります。

虫歯はある程度進行すると自力で治すことができなくなるのもポイントです。定期的に歯医者で見てもらうなど、予防を心がけるのがおすすめです。

e-ヘルスネット「フッ化物配合歯磨剤」(外部サイト)

なかよし小児歯科「フッ素で虫歯予防」(外部サイト)

Top