話題の子ども用歯磨き粉!虫歯予防デンタルケア「ブリアン」とは

歯磨きを嫌がる子どもは多く、習慣として覚えさせるのは苦労しがちです。気がつくと虫歯になっていたというケースも珍しくないため、治療の手間も考えると憂鬱になるケースもあります。そんな時は話題の子ども用歯磨き粉「ブリアン」の使用を考えるのがおすすめです。

善玉菌で虫歯を予防する新感覚の歯磨き粉

ブリアンは善玉菌の力を使い、虫歯を予防する新感覚の歯磨き粉です。虫歯になり辛い子どもたちの研究から発見された菌を使い、健康的に虫歯を予防できるのが特徴です。簡単なブラッシングで虫歯予防ができるため話題になっています。

ブリアンと一般的歯磨き粉との違いは「界面活性剤」を使用していないことです。口の中であわ立つことがなく、独特のにおいや味がしないため子どもでも使いやすくなっています。子どもたちが好きないちご味にすることで抵抗感をなくしているのもポイントです。

子どもは歯磨き粉独特の味や臭いを嫌がることが多く、時間をかけなければ磨き残しもできやすくなります。念入りに磨いたつもりでも、意外に見落としがあるケースは珍しくなく、虫歯の原因になってしまうこともあります。まずは抵抗感を減らすことは、子供にきちんと歯磨きをさせる上で重要なことです。

簡単なブラッシングで虫歯予防を目指せる

ブリアンの特徴は簡単なブラッシングで虫歯予防を目指せることです。ブリアンに使われている善玉菌「BLIS M18」は、虫歯菌のえさとなる歯垢を除去してくれます。粒子が細かく、歯の奥や隙間まで届きやすいのもポイントになっています。

子どもは長時間の歯磨きを嫌がることが多く、磨き残しが生まれがちです。しかし、ブリアンを使えば、歯に届けるだけで歯垢が増えるのを抑えることができます。もちろん、歯磨きの習慣を身につけることは大切なため、簡単なブラッシングから覚えさせるのがおすすめです。

ブリアンを利用した歯磨きは、歯ブラシにつけて歯の全体を磨くように2分から3分程度済ませることができます。力強くこする必要はなく、なれれば子どもに任せても大丈夫なため非常に楽なのがポイントです。また、界面活性剤などを使っていないため、水ですすがなくても大丈夫なのも魅力です。唾液を吐き出すだけでいいため、すすぎができない子どもにもオススメです。

粉末の使いきりタイプだから衛生的

ブリアンは歯が生えたばかりの子どもの使用も考えて、粉末タイプで作られています。泡立てる必要がなく、歯ブラシの先につけて使えばいいのが特徴です。一回分が個包装になっているため衛生的です。

乳幼児に使う場合は清潔なガーゼを指に巻き、ブリアンをつけて磨くのがおすすめです。ガーゼを軽くぬらしてブリアンをつければすぐに馴染みます。歯ブラシを使ってしまうと力が入りすぎて口の中を傷つける可能性があるため、優しく磨いてあげましょう。

チューブタイプの歯磨き粉は、歯ブラシから雑菌が移ってしまうケースがあります。特に子どもは衛生に関して無頓着なケースが多く、扱いを任せるのにも不安になりがちです。ブリアンであれば一回分を使いきれば管理に気を使わなくても良いです。

もちろん大人が使うことも可能で、見本を見せることで子どもの歯磨きへの恐怖感を薄めることができます。一緒に歯を磨くことでコミュニケーションもとるのも方法です。楽しそうに歯磨きをすれば、興味を引くこともできます。ブリアンには大人用と子供用が売っているため、親子でブリアンを使うのもオススメです。

歯磨きを習慣として覚えさえるために利用する人も多く、苦手な歯磨きが克服できたというケースもあります。歯を磨かない習慣ができれば大人になってから困るからです。永久歯が生えてからブリアンで歯磨きを覚えさせる人も多く、だからこそ話題になっているのです。


BLIS M18 Dental Health」(外部サイト)

小児歯科学雑誌「乳幼児期の菓子や飲物類摂取および歯磨き実施と乳歯齲蝕との関係」(外部サイト)

Top